「夢を目標に変えるには、自分で1歩を踏み出すしかない。」

私がDJを初めて4か月。

 

先日トライアルステージという、クラブでDJを行う一歩手前のステージでDJをしました。

 

これだけ読むと、

 

時間のある学生さん?音楽好きな社会人?と思うかもしれません。

 

しかし、私は、平日は深夜まで働くことが普通の(泣)誰もが知っている上場企業で管理職をしています。

 

そんな時間もなく、他のDJよりも年配な私でも、

 

「夢」という幻想ではなく、あと少しで届くかもしれないという「目標」に変わったのは、

まさに、自分で一歩を踏み出したからにほかなりません。

 

私は、元々アスリートとして活躍、その後は起業などを経験、そして、現在の会社に勤めています。

 

クラブには、昔のアスリート時代の打ち上げで行ったくらい。

 

全く音楽どころかアートとは何1つ縁のない生活でした。

 

最初は、アートに触れたい、そこで活躍している人はどんな人たちだろう、そういえば昔行ったクラブの音楽よかったな~

 

本当にこれくらいで体験入学に行った記憶があります。

 

そこで起きたこと、興味をもったこと、印象などはまたの機会に記したいと思いますが、

 

たった1つ、今私の目の前で起きようとしている事実は、

私はクラブにDJプレイヤーとして立とうとしている状況である、ということです。

 

しかも、これは1番近い目標であり、この後さらにDJとして大きな目標を持ち始めています。

 

 

4か月前の夢が、4か月後には目標になっている。

 

これが人生の面白さであると思います。

 

「今日1日、何かに踏み出し、夢を目標に変えられたか?」

 

私は今日もこの言葉を自分に課し、目標に向かい頑張っていきます!

 

体験入学希望のメールを送り返ってきたメールの一部。年齢とか聞いて完全にビビッています(笑)。

 

応募フォームから送ったので、私の送ったメールが手元に残っていないのが残念・・・

 

※記事のことで何か興味がありましたら、なんでも聞いてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です