DJなるには?DJだけで生きていくためのスキルセット

DJってなに?

ディスクジョッキーの略です。クラブ・フェス・パーティーなんかで音楽をかけて盛り上げる人の事を言います。

最近ではデジタル領域のDJもあったりするので音楽をかけて盛り上げる事をする人はDJと言ってもいいかもしれません。

 

DJってどうすればなれるの?

自分でDJですって名乗ってクラブ・フェス・パーティーなどで音楽かけて盛り上げればその人はDJと言えるでしょう。

 

DJになるのに必要な技術ってなんだろう?

DJ技術は簡単に言うと音楽をかけて盛り上げる事に関連する技術全てになります。

 

DJ技術(MIXやスクラッチなど)

HIPHOP、ハウス、EDM、フューチャーハウス、トランスだったり音楽ジャンルによって繋ぎ方が違います。

 

また、必要になる技術や知識も異なって来ます。現場やシーンやレギレーションの違いもあったり音楽理論や機材の知識なんかも必要だったりします。

 

極めようとすると奥が深いです世界です。VDJのように映像と音楽セットで盛り上げるDJもいます。

 

MC技術

お客様を煽るパフォーマンスも重要です。「123GOー!!」「プチョヘンザ」などの盛り上がる前の煽りです。

 

演出技術

ファッションやブランディングで雰囲気を作ったりも重要ですよね。仮面かぶったりしている有名なDJもいるぐらいですから盛り上がる演出やエンタメ要素の演出があればユーザーは喜びます。

 

プロデューサー技術

作曲したり楽曲をアレンジするスキルです。

 

プロデューサー兼DJじゃなくDJだけの人でもエディット(Edit)とマッシュアップ(Mashup)と言う楽曲編集技術は必ず必須のスキルになってます。

 

エディット(Edit)

 

簡単に言うとそのまま楽曲を流すと盛り下がる部分や余計な部分をカットしたりする編集です。

 

例えば
抜けが長すぎる場合などカットします。

マッシュアップ(Mashup)

 

簡単に言うと2曲を1曲にしてポテンシャルを上げる編集です。

 

例えば
打ち込みだけの楽曲に有名なボーカル曲を編集して入れ込みます。

 

なのでDJを本格的に始めると少しDTMのスキルも必要になります。仮に自分の楽曲を持ちたい場合は自分で作曲したりアレンジしたりする技術も必要です。

 

世界の舞台で活躍したい人はこのスキルは必須になってくると思います。世界的に有名なプロデューサー兼DJはほとんどの人がこのスキルを持ってます。

 

エンジニア技術

音を磨くミキシングスキルや作曲したデーターを綺麗空間処理するマスタリングスキルも必要だったりします。

 

音楽を聴かせて盛り上げる事が仕事なので技術力が高ければ高いほど当然有利に働きます。

 

DJとして食べていくのに必要な条件はなんだろう?

結論「集客力」が一番重要です。

 

集客の方法や過程は一旦置いておいても「集客力」があると食べていけます。

 

集客力があれば特別な舞台にも立てます!

 

集客力があればどこにでもいけます!

 

集客力があれば年収20億円だって夢ではありません!

 

集客できるとこうなります。
クラブやフェスに人呼べる。=チケットが売れる=売り上げになる=自分に入ってくる。

 

集客できる人はこうです。
ファンやフォロワーがいる。=コンテンツを持っている。=影響力がある。

 

影響力があると言う事は社会で信用がありなんらかのアクションになんらかの説得力などがある状態になります。

 

今の時代集客力がある人というと「DJ技術がある」=「集客力」とは必ずならないので、
どうしたら「影響力を持てるのか?」ここにフォーカスして時間や労力を割くといいと思います。

 

芸能人のような認知がある人がDJを練習してDJとして舞台にたったら当然最初から集客力もあり収益になって行くでしょう。

 

逆にDJ技術は高くても全く世の中にアウトプットしていなければ集客力がなく収益にするのに時間がかかるでしょう。

 

コネクションもすごく重要だよ!!

結論、コネクションあると自分の力じゃいけない領域に一瞬で飛んでいく事や引っ張り上げてもらえたりとてつもないチャンスを投げてくれたりしてもらえます!!

 

おすすめはコネクターと言う性質を持っている人と繋がっておくとおすすめです。

 

コネクターとは外交性が高く「え?!なんでそんな人に知り合いいるの?」っていう人脈を持っており、しかも必要に応じて良心的に繋げてくれる良い人のことです。

 

ここだけの内緒の話ですが、
Ⅲ FAITHS DJ SCHOOLの代表の神山清豪さんなんかがその特性を強く持っていると思う現場を何回も何回も何回も何回も目撃してます。

ライター タマ
直接現場で見て驚いた人脈のカテゴリーをちょっと書いて行こうかなあwと思いました。

1、国内外のレーベルに直接人脈が、、、、

関連学校のDTMスクールは海外主要レーベルのエンジニアにサポートされてます。

NICKY ROMERO・  HARDWELL・ARMIN VAN BUURENのレーベルが、、、、、、直ぐそこにあるって事なんでしょうな。そう言う話よく聞きます。

2、国内外のクラブに直接人脈が、、、、

EDCに出演されており現在も海外の良い案件なんかでプレイされてたりします。ここには書けない内容の繋がりも聞いた事があります。

 

3、国内外のアーティストに直接人脈が、、、、

ここでは書けない有名アーティストとコラボしていたりするようです。

 

4、国内外の有名アーティストのスタップに人脈が、、、、

すごい有名なアーティストのスタッフなんかに人脈と聞いた事あるのと誰もが聞いた音楽会社の重役と繋がりがあるような、、、、、

 

5、インフルエンサーに直接人脈が、、、、

DJ Yunkoroさんなんかまさにそうですよね。

 

必要そうな頑張っている人がいると知り合いいるから繋げるよ(ペローン)って感じで繋げてくれます。

 

僕が目撃した現場で衝撃的だったのが、アムステルダムでDJとして生きて生きたいと決意している日本の青年に

 

Hardwell(ハードウェル)のスタッフに日本人がいて僕友達だから現地行った時の話とか聞けるし異国の地で一人って移住って心細いから繋がっとくとためになると思うから繋げるよ(ペローン)って繋げている現場を目撃した事があります。

 

ライター タマ
え?!Hardwell(ハードウェル)のスタッフ?!そんなに簡単に繋がれんの?!みたいな衝撃を受けました。

 

ライター タマ
上に書かれている内容よりも、このブログに書いたら私タマが業界のドンに完全に消されちゃうような(イメージですw)内容も(ペローン)って感じで日常の会話になっているそんな現場も何回か目撃しています。

 

繋がりの力は自分の力以上に引き上げてくれる力になる事は間違いなさそうですよね。

DJになるには?をまとめると

誰でも直ぐになれる事ができる。特にクラブのオーナーに直接「僕は無料のDJだよ」とか言うとテスト受けさせてくれたりする。

 

なので、DJは自分で名乗って音楽をかけて盛り上げる事をすれば誰でもすぐにDJになれる。

 

でも食べて行くとなると「音楽で盛り上げる技術」と「影響力」と「コネクション」が必要になります。

 

とにかくDJ技術があっても人が呼べないとお金になりません。

 

逆に影響力があってもDJ技術がないと長くDJとしてやっていくのは難しいでしょう。

 

ですがDJ技術はお金で買える事もできたりします。

 

世界を舞台に戦っている人にお金を支払って教えて貰えばいいわけです。

 

レベルの高い人は大体こうやって技術を上げているケースが多いのかなと思います。

 

世界で戦っている人でもいまだに海外のクラブに実費で行って勉強しに行く話とかも聞くので

 

技術+影響力両方持っていても繋がりがないと大きな自己実現には繋がらないと行ったところになります。

 

私個人的にはDJ技術に関してはレベルの高い人に教えてもらい時間短縮をすることが一番効率が良いと思います。

 

歌手になろうとする人が行くボイトレとかと一緒です。

 

技術力は時間短縮しながら、集客力をつけるために自分のコンテンツ力をつけるべく、色々試行錯誤を行う時間にフォーカスする事が一番生産的だと思います。

 

何故ならば今の時代は「DJ技術」=「影響力」ではないためです。

 

VtuberのDJで影響力を持ち始めている人も出てきてますから「技術」「既得権益」と言う障壁はテクノロジーで溶かされて誰にでもチャンスがあるそう言う時代なんだなあと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です